8月18日(木)

1/3

もともと汗っかきなのですが、今日は、体内の水分が4回くらい入れ替わったんじゃないかと思うくらい汗をかいて、調理場でスプーン一杯のはちみつをちょろっと舐めさせてもらってギリギリ倒れないで済むくらい疲労困憊してきました。死ぬのかな、と思ったタイミングでようやく仕事が終わり、シャワーを浴びて、ベッドに身を伏せ、ツイッターをパラパラ見てる内にあっという間に2時間も経って、まだまだ身体はクタクタだけど、圧倒的なポカリスウェットの飲みたさに家を飛び出し速攻で思いを遂げ、今はマックでコーヒーをいただきながら、優雅にブログを更新しています。生きてる!!

体格いいくせに体力めちゃくちゃないのは、そういえば子どもの頃からずっとそうなんですが、生きるのに支障きたすくらいないんだな、とさすがに今日は自分の身を案じています。そのくらい疲れました。なんだかんだ9時間以上たっぷり寝ているはずなのに、朝はぜんぜん起きられないし、5時間くらいしか働いてないのに、こんなに疲れている。週5で9時から5時まで働くなんて夢のまた夢というか、自分は精神的に正社員とかムリだろうな、と思ってたけど、そもそもまず体力的にムリだったんだな、と、期間限定のバイト経験のおかげで、実社会における自分の輪郭を徐々に掴みつつあるおれです。こんばんは!!

2/3

大学1年の頃に体育の授業で20mシャトルランをしたことがあったのですが、その時の記録もたしか20とか30でした。それからほとんど身体を動かしてないので、今はもっと走れないと思います。

そういえば先月あたり、新潟でグダグダしているときにヒマすぎて地域のスポーツセンターに行ったことがあったのですが、一周200mのランニングコースを4周走り切ったところで、完全に体力が底をつきました。冷静に考えたら結構やばいよなー。本当になんで生きてるかわからないくらい体力がないので、とりあえず今年はふわっと体力をつけることを目標に生きていこうと思います。そして、マッチョになんかならなくていいから、Tシャツにおっぱいが浮き出てこないくらいには、痩せたい。

「胸筋なさすぎておっぱい出てくる問題」は実は自分の中でかなり根が深く、小学校の頃のプールの授業で、ジャンプするとおっぱいが揺れることをイジメっ子に馬鹿にされて以来、そういえば、長い間コンプレックスを感じていたのでした(いま書きながら思い出しました)。携帯を手に入れてiモードで検索できるようになった高校生くらいのときも、『女性化乳房』という「病気」があるらしい…と深刻に悩んでたりもしましたが、そういえばニキビにも悩んでいたし、天パにも悩んでいたし、陰部にちっちゃなほくろがあることにも悩んでいたし、いやぁ、あらゆることに悩んでいたなぁ、あの頃のおれ!!

3/3

回転率を上げるためか知らんけど、マックは冷房キツめですね。本読んだり画を書いたりしたかったんだけど、さすがに寒すぎて、店を出てしばらく街をぶらぶらしてました。夜中でも街が明るいのは都会の良いところかもしれないなぁ。どこにも行く宛てはないけど、ベンチさえ見つければ自由に座って休憩できます。ベンチいいなぁ。ベンチ。

そういえば、私の祖父もよくベンチに座っている人でした。ボケ防止になるからと、毎日地元の量販店に隣接したベンチに腰掛けて、目の前を通りすぎていく車のナンバーをひたすら覚えている、という話を本人から聞きました。その時はさすがに「友達いないって憐れだなぁ」と引いてしまったけど、よく考えたら今の私もかなり近いことをしているようです。

祖父は、世間的にはかなり成功した人間なのですが、性格に色々と問題があり、家族からはものすごく嫌われてました。とはいえ家の中では真正面からぶつかり合いが起きるわけでもなく、食卓は常に「祖父vs.父・祖母」の冷戦状態にあったので、後から祖父に聞こえるほど大袈裟に陰口を叩く父と祖母の卑怯さをかんがみて、私は、祖父の横暴を大目に見ていたところがありました。祖父は、たまに声を出さないと頭がヘンになると言って、一人ぼっちの部屋で定期的に「おい!おい!」という叫び声を上げてしまうくらい、寂しい人間でした。父が祖父を『クリスマス・キャロル』に出てくるスクルージのようだ、と言ったのが印象に残っています。

私はショッピングモールに行っても、華やかに着飾った若者よりフードコートで退屈そうに時間を潰している老人に目がいくことが多いのですが、彼らを見ていると、ときどき、そんな祖父のことを思い出します(今も存命なのですが)。おれも年を取ったらあんな風になるんでしょうか。ていうかもう半分以上そうなってるような気もするけど、まぁそうなったらそうなっただなぁ。とりあえず今日は長くなったのでここらで終わります。さっさと寝よう。おやすみなさい。

《つづく》

広告を非表示にする