読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月26日(金)、27日(土)

無料のWi-Fiを求めて、飲みたくもないコーヒーをマックで注文する日々が続いている。最近、夜なかなか寝付けず、朝ちゃんと起きられないのは、よく考えたらコーヒーを飲みまくってるせいなんじゃないか。そうだとしたらクソすぎる。実家を離れてからまともな飯もほとんど食ってないような気がするし、「痩せたい」とか「体力つけたい」とか思う前に、まずは健康的に生きられる道を模索しよう。日中は死ぬほど眠たかったのに、今(0:21)は全然眠くない。コーヒーの飲み過ぎなのか知らないけれど、腹から込み上げてくるような気持ち悪さがある。つらい。

 

あ、こんばんは。

 

昨日は、猛暑の中、昼から夜にかけて仕事をしていた。作業自体はさすがに要領をつかみ始めてきたけど、酒を飲んで騒いでいる人たちを相手にしなければならず、精神的にかなり疲弊した。酒に酔って騒いでいるスーツのおっさんも、酒を酌みに回りながら名刺交換している若いビジネスマンも、ピチピチの服を着ながらおっさんの膝の上に抱かれているコンパニオンも、あの空間にいる人たち全てが「ありえない」と思った。大学に入学したときから飲み会が死ぬほど嫌いだったけど、改めて、おれは本当に飲み会が嫌いなんだな、と再確認した一日だった。そして今日は、今日おれは、なにをしていたんだろう…。Wi-Fiを求めてマックでコーヒーを飲んでいるうちに終わってしまった。冴えない一日だった。

働きながら、自分の中にある「嫌い」という気持ちについて考えていた。一週間前の日記(8月19日(金) - 天パ日記)で、「すべての『嫌い』は『同族嫌悪』」みたいなことを書いた気がするのだが、彼らと私は一体どの辺が『同族』なんだろう。そもそも、あの日記は人間の感情を理屈でカシッと説明できるかのように書いたところに無理があったとは思うんだけど、さすがに考えは甘すぎたのかもしれない。昨日の私は、酒に酔って騒いでいる彼らのことを明確に「嫌い」と感じていたけれど、そのことによって、本当は何を言おうとしていたのだろう。もし彼ら一人ひとりと直接向かい合って話をする機会があったら、その時に私はなんて言うんだろう。色んなことを考えていた。

「好き」も「嫌い」も突き詰めて考えるとよく分からなくなる。でも、いつも私は、分かりきっているはずのことが分からなくなるまで、ねちねち考えてしまう。わざわざそうしているんだから、本当は色んなことが分からなくなっている状態の方が好きなのかもしれない。ていうか眠い。中途半端だけど、今日はこの辺で終わります。おやすみなさい。

《つづく》