読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月29日(月)

日記の更新が滞ってきている。書くべきでないようなこと、書いたところでどうしようもないこと、意味のないこと、おもしろくないこと、虚しかったこと、やるせなかったこと、何気ない日々の中で誤魔化しそうになってしまうような些末な感情こそ、もっと書きとめていたい。ちゃんとした文章を書こうと思うから、何も書けなくなってしまう。どう見たっておれ自身ちゃんとしてないんだから、ちゃんとしようとしなくたっていい。そういうのどうでもいい。本当にどうでもいい。もっともっと、どうでもいいことを書いていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝起きたのは朝9時ごろ。昨日は深夜3時ごろまで寝れなくて、睡眠時間は6時間に満たなかった…いや、ふつうはそれで充分なんだろうけど、おれはダメだ。とくに最近のおれは眠たくて眠たくて仕方ないので、フラフラになりながら仕事をした。10時から12時までのたった2時間の出勤だった。仕事が終わってから、すぐに寝床に戻り、ひたすら眠った。起きたのは夕方5時。死ぬほど腹が減っていたので、ビルを出て、500円以内で腹を満たせる方法はないかと考えながら、街を歩いた。自炊すればいいのに、下宿先のキッチンを使うのをためらってしまうのは、一体どういう訳だろう。とにかく、近くのデカいショッピングモールに行って、とりあえずスーパーの中をぶらぶら歩いた。腹の調子を心配して、プレーンヨーグルトを買った。これで120円。刺身が食いたかったけど、腹持ちの良さを考えて、ネギトロとヒレカツの太巻きを二本買った。これで300円。それから、喉が乾ききっていたので、野菜ジュースを買おうとしたけど、さすがに1リットルを買う勇気は出なくて、一番小さなやつを買った。これで350円。レジに並ぶ直前、最後にワサビ味の柿の種(しかもピーナッツ抜き)を見つけて、思わず手に取った。これで500円。ザッツオール。完璧な夕食になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショッピングモールを歩いて、飯の食べられるスペースを探した。どこもベンチが埋まっている。飲料水が飲めるフードコートの座席に座ろうとしたけれど、入り口に置いてあった『外から食品を持ち込むのはご遠慮ください』という看板にひるんで、やめた。

外に出た。外は雨が降っていた。

ショッピングモールの中央は広場のようになっていて、ちょっとした座席やパラソルが置いてある。でも今日は雨だったので、椅子はどこかに片付けられていた。エスカレーターで3階に上がる。広場を上から取り囲むようにベンチが並んでいて、その中の一つ、ぼんやりとした顔で固まっているおじさんの隣りに腰掛けた。

飯にありつく。早速、太巻きにかけたはずの醤油がズボンにかかった。ヨーグルトは砂糖を入れなくても十分おいしい。野菜ジュースは飲んだか分からない内になくなり、久しぶりに食べた柿の種はびっくりするほど辛かった。3、4粒手に取っては、泣きながら口に放り込む。食べ終わる頃には、地面はこぼした柿の種のカスがいっぱいになっていて、隣りに座っていたおじさんはいつの間にかいなくなっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食べ終えた後は、さっき座っていたおじさんのように、私もぼんやりと広場を見下ろしていた。急にパッと広場中のライトが点灯して、いつものロマンチックな広場に戻る。無数のカップル、無数の家族、無数のおじさんおばさん、足の悪い人、車椅子の人、腰の曲がった老人、無数の人々が通り過ぎていった。そういやこういう場所で、歩いている人が一斉に動かなくなるっていうフラッシュモブあったな…みたいなどうでもいいことを考えて、ベンチを立ち去った。ゴミはビニール袋にまとめて、トイレのゴミ箱に捨てた。

一日が終わる。下宿先のビルに帰る前に、近くのコンビニでおでんを買おうとしたんだけど、カップ麺のきつねうどんが食べたくなったので、そっちにした。これで600円。柿の種のせいで、舌が痺れてきた。沖縄風パインアイスを買った。これで700円。なんだかんだ700円使った一日だった。予想に反して、沖縄風パインアイスが本当においしかった。よっしゃ書いた、今日は寝よう。おやすみなさい。

《つづく》