読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

ドンキホーテマッサージチェアに腰掛けながら「今後の人生をどうするかは自分ですべて決めていい」という超当たり前のことを思い出して、今、心の中で絶望と希望が同じ分だけ入り混じっているおれです。改めましてこんばんは。「今晩何を食べるか」から「どこに住んで誰と暮らすか」まで、さすがのおれでも自分で色々決めてきたはずの人生だったよなぁ、と、さっきまでなんとなく思っていたのですが、よく考えたら、大事なことはほとんど自分で決めたことがないんじゃないかこれは、いやたぶん決めたことない、やばいこれはやばい。いやーーー自分で決めたことないっておい。おいおいこれは。これはすぐに死にたくなるわけだまじで。いやーーーー…ちょっともう。本当になんか…いやーー……。いや。でも、なんかあるでしょ、探せば。いやいやさすがにそれはない。ないわけない。自分で決めたことないなんて、そんなこと……。いやーでも、いやー…ないなーーまじで。まじでない。いやまじでほとんどない。ほんとにもう、数えるほどしかない。数えよう。ちょっと数えよう今から。

《つづく》書き途中