読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月4日(金)

今年4月に熱海のご自宅に招いていただくなど、要所要所でお世話になっている方(以下、S氏)がシェアしてくれたおかげで、昨日の投稿を読んでくれた方が結構いるようですが、私の性質上、一度書いた文章の完成度にこだわり出すと、今現在の自分の気持ちに寄り添った内容を書けなくなってしまうので、中途半端で粗雑な文章ですが、いつものように書きかけのまま放っておくことにします。どこからともなく湧いてくる「いろんな人が読んでいるんだからもっときっちりした文章を書かないと…」という心の声を斬り殺して、あくまでこのブログは他人のためでなく自分のために、自分の精神的な健康のために書いている、という原点に立ち返りながら書いていくのだと、その旨を強く自分に言い聞かせつつ、今日の日記を始めます。

今月の生活目標

昨日は土砂降りの雨でしたが、今日は爽やかに空が晴れて、心地のよい昼下がりとなりました。昨日、いつものくせでツイッターを開いたら、かつて関わりのあった方が今はもう別の関わりを持たれているらしい旨をほのめかすような内容のつぶやきを目撃してしまったために、ちょっともう、本気でツイッターを辞めようかなと思っているおれです。おはようございます。もうほんとにこういうの良くない。いずれ受け入れざるを得ないにしても、こんな形で心をザワつかせたくない。というわけで今月の生活目標は〈情報環境を整備して、精神的に健康でいられるような行動様式に自分自身をスライドさせていこう〉になります。ちゃんと守ったことないけど、今月も月の初めに目標を立てることにしました。あと、来週あたり、朝井リョウの『何者』が映画化して公開されるらしいのですが、小説をパラ読みした感じまさにそんな私にタイムリーな内容になっているような気がするので、今月はそれがちょっと楽しみです。今までそんなことなかったので、楽しみだと思えるものがあること自体うれしいです。映画の楽しみを知ったり、カフェでコーヒーを飲む喜びを知ったりしたのも、かつて関わりがあった方と関わりがあったおかげだなぁ、なんて思ったりすると、いつもよりほんの少しコーヒーが苦く感じられるような、そんな午後を過ごしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、H氏に召喚され、新潟駅から徒歩10分ほどのタリーズにいます。H氏は、S氏や先月お世話になったK氏らとともにさまざまな活動をしており、今は黙々とパソコンに向かって、何やら長い文章をしたためています。

一見すると非常に好青年で、世の中でふつうに上手くやっているように見えなくもない彼らですが、彼らの活動をあえて私なりに言葉にするとすれば、それぞれが世の常識や金銭の都合に縛られず、自らの意思を最大限に尊重する形で生きている、少なくともそう生きようとしているように、私には見えます。私は、彼らを知れば知るほど、彼らの生き方をマネできるともマネしようとも思わなくなっていますが、「一般的にはこうだから」とか「ふつうはこうするから」とかいう論理で自分を正当化せず、徹底して「私はこうする」という語りを貫いている点に関してはとくに、側から見てとても羨ましく、かつ、たびたび勇気付けられる思いを感じます。なにはともあれ、個人的に幾度も楽しいお誘いをいただいたりと、非常にお世話になっております(いつもありがとうございます)。

私が人間的にクソみたいだった(今もですが)時期から面識があり、なおかつ、引きこもりから脱していくきっかけを与えてくれた彼らに対して、私なんぞが言及するのは100年早いのでこれ以上は控えておきます。が、彼らはよく「自分たちの生き方は〈問い〉であって〈答え〉ではない」という趣旨の発言をするのですが、にも関わらず彼らのファンは、まるで彼らの生き方が〈答え〉であるかのように扱いがちのような気がするため、お世話になっているからこそあえて、私はこの場で、なるべく彼らの活動を安易に好意的に評したくないと思っています。今はまだきちんと言葉にできませんが、彼らの突きつける〈問い〉をそのまま〈問い〉として受け止め、まずは自分の中でだけ、自分自身についてのみ納得のいく〈答え〉を作っていきたい。そもそも、個々人の生き方に良いも悪いもなく、私が彼らに対して言うことも、彼らが私に対して言うこともないと思いますが。今回はもう、非常にびっくりするほど堅苦しい文章になりましたが、とりあえず終わります。おやすみなさい。