読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月11日(金)

トランプが大統領になった9日(水)、先日庭の手入れをさせていただいたお宅に再度向かい、簡単な作業のお手伝いをしていました。今まではK氏の請負の請負という形でしか、誰かとこんな風に関わることはありませんでしたが、今回は事実上初めて、単独でこの「何か」を行ったことになります。知り合いでもご近所さんでも親戚でもない誰かのために、仕事でもアルバイトでもボランティアでもない作業(この日は倉庫の清掃でした)を行う。作業とはいっても仕事は1時間くらいで終え、後はお昼をご馳走になったり、コーヒーを頂戴したり、大統領選について話をしたりと、ふつうに和やかな感じでお宅にお邪魔していました(プレゼントまでいただいてしまいました)。たぶん呼んで下さった方も今日のアレが何だったのかよく分かっていないと思いますが、呼ばれた私でさえ全く分かっていません。ただ、帰り道に一人で電車に乗りながら、こんな形でも人と関わることができるんだなぁ、というほのかな喜びを感じるような、とても不思議な経験をさせていただきました。その節は呼んでいただいてありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日(木)深夜12時、東京駅から歩いて5分ほどの八重洲鍛冶橋駐車場で高速バスに乗り、11日(金)朝6時、新潟駅に到着。それから電車で30分、実家の最寄り駅に到着。冷たい雨が降る中、これから登校する高校生たちの列をかき分けて、歩いて実家に向かいます。家に着いたのは朝7時。そのまま布団に倒れこんで、起きたのは昼3時。それから、父がテーブルの上に置いてくれていた焼きそばを食べて、ふたたび布団にもぐります。起きたのは夜8時。ふたたび父がテーブルの上に置いてくれていたスープとおにぎりと唐揚げを食べて、たまたまテレビを付けたらやっていた金曜ロードショーの『紅の豚』を観終わった今、夜11時になりました。こんばんは。

 

 

〈更新中〉