読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやって生きていきたいんだろう

どうやって生きていこうかと考えると、どうやって生活を成り立たせていくのか、要するにお金はどうやって調達するのかという話にすぐ回収されてしまう。もちろん現実的にそういうことを考えるのはとても大事なことだと思うけれど、でもその前に、私はこの人生をどうやって生きていきたいのかということをまず考えるところから話を始めなければならない。それは、正直に言って自分でもよくわからないのだけど、ただいつまでもこんな暮らしを続けることはできないなと、最近やっぱり思うのだ。

私は父から月5万円の生活費を支給してもらっていて、住むところは実家があって食費も光熱費も年金も健康保険料も支払ってもらっている。もしこれから働くときに必要になるのであれば、自動車を購入する費用を貸してやるとさえ言っている。本来なら食うためにお金を稼がなければならないところを実家の経済力に依存することでそれをせずに済んでいる。といっても父はいつまでもこの状況が続いて構わないと思っているわけではなく、私が経済的に自立することを心から願っており、私もまたそれを願っている。にもかかわらず私は、ここ二週間は完全に昼夜逆転した生活を送ってしまい、完全に自分が悪いにも関わらずそんな自分に勝手に落ち込んでいて、「私が始めたいと思ったわけでもないのに、人生は勝手に始まっていて…」みたいなことをもっともらしくブログに書くような毎日を送っている。私が改めたいと思っているのはこの「知らないうちに勝手に生活リズムが乱れがち」という点で、「経済的に自立していない」という点よりも遥かにどうにかならないものかと頭を悩ませている。

ここで一つ、結論が出る。

私はどうやって生きていきたいのか。その回答の一つは「早寝早起きをして生きていきたい」になる。

生きるとはなんだろう。生きるとは、私は日が出ているうちに活動することだと思う。仕事をするにせよ(仕事をするということが実は私にはわからない。書類のコピーを取ったり、お茶を汲んで上司に出したり、みんなで朝礼をしたり、お客様を迎えたり、かかってきた電話に返事をしたり、忘年会のお店を決めたり、偉い人にお酌をしたりすることなのだろうか。私にはわからない)、このまま仕事をしないにせよ(仕事をするということが分からない私は、仕事をしないということもわからない。三日かけて徹夜で『ドラゴンクエスト6』をプレイしたり、車で関東まで連れて行ってもらって色々な人と顔を合わせたり、公園に散歩に行ったり、ひたすらDVDを借りて観たり、いきなり夕飯にお好み焼きを作ったりすることなのだろうか。私にはわからない)、日中になんらかの活動をするという意味では同じだ。そのためには午前中に目を覚まさなければならない。深夜には眠りについていなければならない。

さて。ここからが問題なのだが、私は早寝早起き「しなければならない」というくらいのモチベーションで、はたして本当に早寝早起きすることができるのだろうか。できない気がする。早寝早起きするためには、例えば夜11時くらいには眠たくなっておらねばならず、朝7時くらいには充分に睡眠がとれた状態になっていなければならない。でもそれは早寝早起き「しなければならない」というモチベーションでは達成できないのではないか。つまり私が早寝早起きできるようになっているときは、早寝早起きしなければならないから早寝早起きしているわけではない。早寝早起きしたくなっているから早寝早起きしているのだ。それには例えば、日中にほどよく身体を動かして、夜はゆったりとお風呂に浸かる時間を設けるなどして、結局はその一日をどう気分よく過ごしたのかということが左右してくる。ではそれらを実行すればいいのか。しかしかといってこれも同様に、ほどよく身体を「動かさなければならない」というモチベーションで達成できるものでもないだろう。そのためにはきっと、例えば飼っている犬が散歩に連れていって欲しがっているとか、職場の通勤に使う移動手段が自転車しかないとか、そういう結果的に身体を動かしてしまいたくなってしまったという事情が左右してくる。ではそのためにはどうすればいいのか。そしてまたそのためのそのためにはどうすればいいのか…と、この論理は永久に繰り返されて、自分自身を自然と早寝早起きしたくなってしまう状態にもっていくにはどうすればいいのか、私はいつまでも知ることができなくなる。つまり「○○をしなければならないからそのためには○○をしなければならない」というような発想でものを考えている限り、私は永遠に当初の目的を達成することができないのだ。

さて。ということで私は「早寝早起きをして生きていくことができない」という結論になった。もう少し正確に言えば「早寝早起きをして生きていきたいと思ったところで結局は早寝早起きをして生きていくということはできない」という新しい結論が生まれた。詰んだ。

〈更新中〉