読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやって生きていくんだろう

#5まあるい気持ち!ちゃぱうぉにか☆坂爪圭吾さん・あきと氏 - YouTube

#6まあるい気持ち!ちゃぱうぉにか☆坂爪圭吾さん・あきと氏 - YouTube

そういえば以前、ちょうど一年ほど前に、いつもお世話になっている素敵な雰囲気を醸し出しているS氏といつもお世話になっている素敵な雰囲気を醸し出しているK氏に誘われて新潟市内の漫画喫茶でツイキャスを行った動画がユーチューブに残っているはずだよなーと思って探してみたら、あった。映像や写真に映っている自分の姿を見ると「なんなんだこの物体は…」といつも思うのだが、今回もひどい有り様で見ていられない。しかしせっかくだから見よう。私は一年ほど前、いったい何を考えて生きていたんだろう。

恐ろしくてまだ冒頭の数分ほどしか見てないのだが、この頃の私は新潟駅近くのシェアハウスに住んでいて、大学には在籍していたものの通学はしておらず、かといって退学するほどの決心も付かなかったので今よりもっと社会から浮遊しており、本屋で立ち読みしたり、スマホのゲームアプリをインストールしてはアンインストールしたり、川沿いの芝生で昼寝をしたり、シェアメイトとDVDを観ながら一緒に鍋を作って食べたりする非常にゆるい毎日を送っていた。生活費は相変わらず父からの仕送りを当てにして、だらだらと昼まで寝て夜は遅くまで起きるという今とほとんど変わらない生活を送っていた。「あっという間にまた一年が過ぎてしまったなあ」なんて考えると自分が情けなく思えてくるけれど、最近はなんとなくこれはもう仕方がないことのような気がしている。私の人生はとてもゆったりとした速度で進んでいて、私はただ自分の人生のこのスピードに自分を合わせていくことしかできない。

さて。冒頭だけ見た感じだと、私は無料で家を拾ってくるのが得意なS氏とK氏に「何もしなくていいから、とりあえずそこで留守番をしていてくれないか」的なことを誘われているようだ。ありがたい話である。しかし私はありがたい話をもらっても、若手のお笑い芸人みたいにわかりやすいリアクションを取ることができない性質なので、このときもネットサーフィンで仕入れたどうでもいい話題を挟んだりして話の筋を掴み切れていないような雰囲気を醸し出している。名実ともに無職になった今とは違い、当時はまだ大学生という肩書きで自意識を守っていたためか、声がかかったらすぐ動いていく瞬発力みたいなものを今ほど持ち合わせていなかったような気がする。今もそんなにないか。

 

動画を見るのは勇気が要るから、とりあえずここで今年一年をザッと振り返ってみることにしよう。この動画は昨年12月に収録されたものだ。それからすぐ、一年くらいご厄介になっていたシェアハウスは解散して、私は実家に住まいを移すことになった。そのまま3ヶ月ほど何もしない毎日を過ごして、3月下旬にようやく大学を中退。それからS氏に誘われて熱海のお宅に1ヶ月ほど滞在させて頂いた。その後一旦実家に戻ってまた3ヶ月何もしない毎日を過ごす。いろいろと煮詰まってきた私は、友人に誘われて8月初旬に川崎で1ヶ月の住み込みのバイトを始めて、9月からは八王子にある知人のシェアハウスに移り住む。そして9月下旬、金がなくなったので止むなく実家に帰る。再び煮詰まってきたタイミングで今度はK氏に誘われて、9月中旬から2週間ほど佐渡のお宅で生活させて頂く。そのままの勢いで10月11月とK氏とH氏に誘われて新潟と関東を行ったり来たりする生活を送って、そして12月にまた実家に戻って来た、という流れになる。7月以降から本格的に日記を書き始めたため、この一連の過程で起きた自分の心境の変化については拙いながらもそれなりに記録することができた。これは個人的に良かったと思っている。自分からは何も行動を起こせず、誘われるがままあちこちをうろつき回る非常に受動的な一年間だったけれど、そのときどきで考え方が変化していき、少しずついろいろな自意識から解放されつつあるようにも感じる。

 

さて、これから私は何をしたいんだろう。どうやって生きていくんだろう。そうやって考えながら、またいつものように一日を部屋の中で終えてしまいそうな気がしたので、大好きな生パスタ屋さんに足を運ぶために、今日は電車で新潟まで向かうことにする。あそこの生パスタは本当に美味しくて、たとえ予定調和の喜びだったとしてもその日一日を「とりあえず今日はこれ食べられたから良い一日だったわ」と思わせるほどの力がある。早くあの生パスタが食べたい。

 

ていうか、たかが個人の日記でしかないこのブログで他の人のことについて言及するのは、やっぱりあんまり良くないのかな。そういうことする人なんだ、って思われたりするのかな。うわーどうしよう。「おれ、こんなにスゴイ人と知り合いなんだぜ」みたいな感じで自慢してくるイタイ大学生みたいな雰囲気が醸し出されていなければいいんだけど。

 

話を戻します。ん、なんの話をしていたんだろう。

〈更新中〉