読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介

他人との会話において自己紹介がもっとも難しいのではないかと思う。もっとも難しいステップを、もっとも初めにこなさなければならないから、他人との会話は難しい。私の場合、当たり障りのない話をするのが極めてめんどくさい、かつ、しようと思っても上手くできないため、何かの折に強制的に自己紹介をしなければならないような場面に遭遇すると、身体が嫌な緊張感に包まれてしばしば意味不明な言動を発してしまう。

そんな私だから、これは本当に良くないことだけど、あまり精神的に調子がよくないときなどには、自己紹介をそつなくこなせるような世渡り上手風な人のことを視界に入っただけで嫌ってしまいそうになることがある。本当に世渡り上手な人ならまだいい。なぜなら本当に世渡り上手な人は、私のようなタイプの人間がいることくらい百も承知で、私が他人と話すような精神状態でないことを露骨に態度に匂わせていれば、それを察知して私に対して余計な働きかけをしてこないからだ。一番厄介なのは世渡り上手風なだけで、本当はただ場を支配したいだけのタイプの人間と出くわしたときだ。その場にいる人たちの心情に全く気を配らずに自分のしたい話だけを滔々と述べて、かつ、話が全く面白くなく、かつ、そのことについて何の疑いも持っていないようなタイプの人間に出くわしてしまうと、私はそれまで調子が悪くなかったとしても、その場にいるだけで調子が悪くなる。そういうとき、本当なら私も会話に加わって、そのデカイ口を塞いでやりたい。雰囲気が悪くなり始めているのに気付いたら、面倒くさくても相手に一方的に話をさせるのでなく自分なりに会話に参加して、最終的になんとか全体がいい感じになりそうな方向に話を進めていけるようになりたい。でも、今の私にはその技術がない。器がない。だから私よりも全体に気を配ることができて、しかも多くの人にとって受けの良い落とし所を心得ている世渡り上手な人に場を任せることしかできず、結果的に私は複数人で話をするときは隅っこで静かにしているしかない。そうやってまた当たり障りのない話を繰り返していればいい。そうやってまた沈黙が怖いからって大して面白くない話を延々と言い合っていればいい。私は黙って寝たフリでもしているか、自分なりに面白いと思ったタイミングでにやにや笑っていよう。と、こういうことを思いながら、私の胸には何もできなかった自分自身に対する不全感が募っていく。少し大袈裟に書いてるけど。

本当にしたい話は、一対一になったときでないとできない。べつに複数人で話すのが嫌いなわけでも、楽しくないわけでもないけれど、その場にいる人数が多くなるに従って、私が実質的に自分から会話に参加することのできる余地は限定されてくる。今のままの私ではそれが限界だ。調子が良いときは、べつにそれでも構わない。むしろ周囲の視線を気にしすぎている自分もどうかしてるのだから、まあ、どっこいどっこいだよなと思って話を聞いているか、自分なりの楽しみ方を模索していればいい。ただ調子がそれほどよくないとき、自分の割り込む隙のない話を延々と聞かされるのは苦痛だ。

私が露骨につまらなそうにしていれば相手にとっても不快だろうから、そういうときは私の方からその場をスッと離れるのが正解だろう。私は、場違いなところに来てしまった自分自身の直感的な判断力のなさのみを悔いるべきであって、他の人たちをニガテだなんだと言うのはお門違いだ。第一、こういう態度を取っていれば私もまた他の誰かからニガテだと思われているだろうから、お互い様だ。ニガテだと思われることに関しては、自分の身を守るためだから仕方がない。ただし、自分から誰かに対してニガテだというレッテルを貼るのは、その人・その場・その状況に適した振る舞いができていない自分自身を免罪するだけで、今後の自分のコミュニケーション能力を向上させていく可能性を閉ざしてしまうことだと思うから、なるべくならしないようにしようと思っている。全ては私の器が小さすぎるがゆえの問題だ。そもそもその場から私がいなくなりすれば、なんの問題もなくなる。

どれだけの人がそこにいようが、違和感を感じた瞬間に言い得て妙なコメントをパッとその場に放り込む技術さえ私にあれば、自分の中で違和感が募りに募って爆発しそうになることもなく、全体としても「あーたしかに言われてみればそうだね」と、今までとは一段深いところでの共感の輪が広がって、結果的に場が良い感じになってくれるだろう。自分の言いたいことを言いながら、他の人にもそれなりに肯定的に受け止めてもらえるようになれたら、と思う。