読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

私は今までたくさんの失敗をしてきたし、これからもきっと何度も失敗するんだと思う。しなければいいことをしてしまうし、しなければいけないことを忘れてしまう。「いま失敗しているよ」なんて誰も教えてくれないし、失敗するとわかっていても、自分ではどうしようもできないときがある。例えば、今こうしてポエムめいたことを書いているけれど、これが失敗なのかどうかさえ、今の自分にはわからない。書くのか、書かないのか。公開するのか、下書きに保存するのか。ブログだったらまだ、書いた後に修正するとか、恥ずかしくなったら消去するとか、いくらでもやりようがあるけれど、でも、人生はそうじゃない。人生は、始めようと思う前に勝手に始まっているし、どんな風に始めるかだって自分で選べるわけじゃない。してしまったことは取り消せないし、恥ずかしくても逃げられない。人生は強制参加で、好むか好まざるかに関わらず、産まれた以上は生きていくしかない。楽しいことがあるから生きているんじゃなくて、楽しいことがなにもなくたって生きていくしかない。

おれなんかが人生を語っても、きっと薄っぺらいんだろうなあ。眠いし、ただ具合悪いだけなのかもしれない。でも、語りたくなるときだってあるじゃないですか。いい加減今日はもう寝ますけども、でも、そういうときだってあるじゃあないですか。ありますよね? いやあるはずなんですよまじで。なんでもっとこう、こういう話があんまりできないのかっていう。もっとこう、なんかいろんなことがもっといい感じにならんもんかっていう。そんでなんでおれはもっと明るく挨拶とかできないのかっていう。

 

 

いやもーーーーだめだ。寝ます。寝ましょう今日は。もう寝ましょう。寝よう。寝るしかない。寝ます。おやすみなさい。