読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月15日(月)

1/3

完全に夏バテしてしまって、ぐだぐだになりながらバイト3日目に突入した。いいか悪いか、なんとなく私の協調性の無さが浸透しつつあるように感じる。自分では割とどこでもうまくやれる方だと思ってたんだけど、実際はそうでもなかったのかもしれない。迷惑をかけるかもしれないし、少し気まずくなったりするかもしれないけど、自分が一番ラクだと思うやり方で関わっていこうと思う。

炎天下で、久しぶりに汗だくになりながら、身体を動かした。仕事が終ってぐったりしていたら、知らない内に一日が終わっていた。本当はもっと色々やれることがあったんだろうけど、自分としてはおおむね良い一日だったんじゃないかと思う。あんまり反省しすぎないことにしよう。

2/3

暑くてほとんど頭が回らなかったけど、仕事をしながら「人って何かを追求することに面白みを感じるもんなんだなぁ」ということを考えていた。私がなるべく気持ちを正確に伝えようとして言葉にこだわってしまうみたいに、料理を美味しく作ろうとする人は色んな食材を試したり自分でメニューを考えたりすることにこだわっているのかもしれない。手際のよい作業を追求することに面白みを見出す人もいるだろうし、お客さんとの会話が楽しいという人もいるだろう。世の中には色んなことにこだわっている人がいる。自分がこだわらないことに関しては、ついつい「そんなのどうでもいいじゃん」って思ってしまいがちだけど、それはきっとお互い様なんだろうなぁ。

色んな人がそれぞれ「どうしても気になっちゃうポイント」みたいなのを持っていて、本人も気が付かないまま、それに引っ張られるように生きているのかもしれない。「好きなこと」とか「やりたいこと」を仕事にしよう、とかって言うけど、本当は「固執してしまうこと」とか「どうしても放っておけないこと」とかって言った方が近いんじゃないか。ワーカホリックって言葉もあるけど、本人は好きでやっているつもりでも、他の人が見たら病的にしか見えないこともある。電車もあまり遅れないし、都会でさえほとんど道端にゴミが落ちてないけど、こんなのある意味「潔癖症」じゃなかったらできないと思う。

3/3

今は、昔みたいに自分たちの衣食住をなんとかするために働いているわけじゃないから、「どうしても働かなくちゃいけない理由」みたいなものが見つけにくくなっているんじゃないかと思う。でも、考えるの疲れたから、今日はこの辺でやめときます。おやすみなさい。

《つづく》