読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月28日(月)

中国に行ったこともないはずの父が中国に対する悪口を楽しそうに会話に織り込んでいるのを耳にすると、なんとなく「ああ…実家に帰ってきたんだなぁ」という気分になる夜を過ごしています。こんばんは。世の中にはいろいろな考え方の人がいて、ほとんどの人は「自分の考え方は本当に正しいのだろうか」なんてわざわざ疑ったりしないから、何か実害を被らないかぎり結局は放っておくしかないんだろうな、と最近は少し考えがマイルドになってきている私です。ちなみに私は国籍で人を好きになったり嫌いになったりしないタイプの人間(少なくともそう思っているつもり)なのですが、父のように国籍で人を好きになったり嫌いになったりするタイプの人間も現に存在しており、60年も生きていればさすがに今さら考え方を変えるのもキツイだろうから、今の私にはとりあえずそっとしておくことくらいしかできないと思っています。父に私の考え方をコントロールできないように、私も父の考え方をコントロールできないので。

すいませんどうでもいい話でした。この辺りの話はまだ自分でも考えがまとまっていないのでまた今度にしたいと思います。お父さん誕生日おめでとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて。数日前から東京近辺でさまざまな人と会って話をしてきました。私はどうも相手の発言にいちいち突っかかっていくのが癖になっているようで、今回も何か違和感を感じるたびにウズウズしてしまってどうしようもなかったのですが、最近は以前より、真っ向から意見を対立させなくてもその場をストレスなくやり過ごせる技術を身につけ始めた気がします。

いろいろな人がいます。「この人の話はもっと聞いてみたい」と思った人なら別ですが、そうでない人にまでわざわざ自分の感受性を全開にしてぶつかっていく必要はなく、ポイントポイントで会話が少しでも自分の興味の持てそうな方向に変わっていきそうな言葉を投げ込みながら、それでも話が変わらなければ全然違うタイミングで相づちを打ったりしてそれとなく意思表示していれば良いんだな、とだんだん思えるようになってきました。多くの人たちもそうやって時間をやり過ごしているようです。

本当なら会話の中で相手を一切イヤな気分にさせずに自分の気持ちを簡潔に伝えることができたら一番良いんだろうけど、それはまだ自分にはできません。幸いにも、4人以上の空間になると「あーーなに話そうかな今。話すことがないわけじゃないんだけど、たぶん独りよがりになってヘンな空気になるだろうなぁ。どうしよう」と思っているうちに会話がどんどん先に進んでいくことが多いので、とても助かっています。ていうかなんでこんな話になっているんだろう。ふつうに楽しかったはずなのに。ふつうに楽しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにがどう楽しかったのかを整理するために、最近自分がどのような日々を過ごしていたのかいつものように振り返ってみます。

11月23日(水)喉の違和感を感じながら車で新潟から東京方面へ向かう。昼過ぎごろ都内のホテルにて共通の知人を介して連絡のあった女性と面会、会食。成田空港まで送り届けた後、そのまま神奈川方面へ向かい、もうろうとした意識で漫画喫茶に一泊。

翌24日(木)漫画喫茶で起床。喉がヒリヒリと痛み始める。電車で日本橋へ向かい、連絡のあったエアビーを営む女性宅に訪問。部屋の清掃をした後、甘い匂いがするのに全く味が甘くないおいしいコーヒーをいただく。電車で池袋へ向かい、 連絡のあった女性二人と面会、会食。電車で藤沢へ向かい、知人宅に一泊。

翌25日(金)知人宅で起床。喉の痛みはなくなるが、痰の絡んだ咳が出るようになる。車で相模原へ向かい、連絡のあった女性宅に訪問。部屋の清掃をしながら、お話を伺う。昼食にカレーをいただいた後、電車で高円寺へ向かい、街角のおしゃれな洋食店にて連絡のあった女性と面会、会食。私の書いた絵を差し上げる。電車でふたたび藤沢へ向かい、知人宅に一泊。

翌26日(土)知人宅で起床。乾いた咳に変わってくる。車で江の島海岸へ向かい、知人らとともにたき火。その場に居合わせたボーダーコリーと砂浜を全力疾走。「海で火を焚いていいのか(いやダメに決まってる)」という一般人からのクレーム対応。車で東京から新潟方面へ向かう。深夜4時、三条市の漫画喫茶にて体力を使い果たして爆睡。

翌27日(日)漫画喫茶で起床。眠い体を引きずりながら、三条市の公共施設にてミニ四駆大会の運営補助。誰も利用者がいないシャトルバスにスタッフとして同乗。数時間寝る。イベント終了後の片づけ補助。車で新潟駅へ送ってもらい、実家へ帰宅。久しぶりに家で爆睡。

そして今日、11月28日(月)午後3時、起床。筋肉痛で身体は痛むが、咳は徐々に落ち着いてくる。父の作ってくれたサンドイッチを食べた後、パソコンにてブログを開く。少し前からリビングのテレビにクロムキャストと大きなオーディオが装着されたので、ユーチューブで流した音楽が高音質かつ大画面で鑑賞できるようになった。 

〈更新中〉