読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月13日(水)

1/5

おはようございます。昨日は1日中ずっと寝てて、ほとんど記憶がありません。たしか朝5時くらいに一回目が覚めて、また寝て、9時頃に起きて少し朝食を食べて、また寝て、「よく寝たー」と思って起きたらもう夜9時で、それから夕食を食べたり少しテレビを観たりして(ちょうど『堕落論』特集だった)、それから普通にまたぐっすり寝て、最終的に今朝起きたのは9時くらいでした。実働30時間くらい寝てました。最高に充実した1日でした。今日はなにしようかなー。久しぶりに就職活動でもしようかなー。

2/5

朝食に目玉焼きとウインナーと焼きおにぎりを食べて、シャワーを浴びてから、ジブリの曲のピアノカバーを聴きつつ、ソファに埋もれてアイスコーヒーを飲んでます。そういえば昨日ちらっと書いていた絵もあったので、その手直しとかもしてました。

雨が小降りになってきた頃、自転車に乗ってハローワークに向かいました。グーグルマップで徒歩50分って書いてあったから結構かかるのかと思っていたけど、自転車で向かったせいかびっくりするくらい早く着きました。びっくりしたのでそのままスルー。自分の中で全然気持ちの準備が出来てなかったので、そのまま川沿いの道をずっと走って、辺り一面が田んぼだらけの小さな集落にたどり着きました。自販機で買ったコーラを飲みながら、坂口恭平の曲を流して、あぜ道をゆっくり走ります。小雨が降っていたけど気になるほどではなく、湿気も気持ち良いくらいでした。こんな風にして終わる1日でも全然良かったはずだったのだが!!

それから1時間くらいふらふらした後、道に迷いながらついにまたハローワークのある建物に着きました。う、うおおお!!!

3/5 

出だしでまずたじろぎます。ああなんかたくさん人がおるわ…どうするんだこれ。なんか数学とか色々書いてあるけどよくわからん。とりあえずトイレ行こう。

建物の中は湿気がすごくて、トイレも全然快適じゃない。でもトイレまじで助かる。狭いしかなり暑いけど。こんだけ意味ありげにつぶやいてるんだから、誰か「イイね」してくれればもっと元気が出るんだけど…。むー…。

とりあえず暑いからトイレを脱出。チラシとかなんか色んな講座やってるっぽいじゃないですか。ああもう、こういうのでいいんだよなぁ、まずは。phaさんも無職のとき、こういう講座受けてたとか言ってたしなぁ…

とりあえず貰ったチラシをしまうために、外に出てバックに入れよう。今日はもう色々達成してるから、このまま帰ってもいいんだけど…ぬあああ!!

いや、ここはもう入ってきます。入ったらすぐ受付っぽい人に「初めて来たんですけど…」って話しかけよう。そうしよう。

 

そんな感じで中に入って、受付の人に用件を話しました。ロボット対応されながら、ここに来るのが初めてであることをゴリゴリ伝えると、とりあえず登録証を書いてパソコンで求人票を見てみることを薦められました。そわそわしながらえんぴつを探して、適当に書いて、提出して、パソコンの前に座ります。

求人票とか言われてもなぁ。職種とか言われてもよくわからんし、条件とか給与とかもどうでもいいっちゃどうでもいいし、こんな字面だけ見て「あ!ここで働きたい!」ってなる方がおかしいんじゃないかと思うけどなぁ。とりあえずハローワークでやっているらしいセミナーの説明を印刷して、パソコンの前を立ち去りました。

待合室っぽい所に腰をかけます。ああ、おれはなんで生きてるんだろう。働くってなんなんだろう。ここにいる誰でもいいから問い詰めてみたい。自分の心のどこを探したら「働きたい」っていう欲望が湧いてくるのか、おれには全然わからない。おれはなんでこんな所にいるんだろう。これからおれは何をするんだろう。なんでこんなにビビっているんだろう。もう全然わからない。

4/5

そんな感じで待っていたら、やっと自分の番号が呼ばれました。就業経験がほとんどないこと、大学を中退していること、働くということが何もかも分からないことを相談しつつ、ハローワークの仕組みや職業訓練の情報などを親切に教えていただきました。い、いやーー思った以上に恐い所じゃなかったぜ、ハローワーク!!普通に楽しくお喋りをして、そのまま爽やかに帰っていきました。ハローワークからは何も連絡とかくれないらしいので、来たい時はいつでもどうぞということでした。いやー、今日はやり切った、まじで。

5/5

という感じで帰宅して、今はとうもろこし食ったり焼きそば食ったりしながら、ブログを書いています。正直、これだけ悩みに悩んでいた人間がすぐにパッと現実に溶け込めるはずもなく、今はブログに吐き出すことでなんとか精神を保てています。

「夢」とか「やりたいこと」があるわけでもなく、「普通」とされる生き方に戻りたいわけでもなく、かといって「自分なりの生き方でやっていくんだ!」というわけでもなく、それでいて特に就きたい仕事があるわけでもなく、正直、今でもどうやって生きていったらいいか全く分かっていません。なぜ多くの人たちが今も平然と働けているのか。お金を手にするっていうのはどういうことなのか。やりたいことをやるっていうのはどういうことなのか。「このまま考えてもわからないから」「毎日することがないから」「いつまでも実家暮らしは嫌だから」という理由だけで、とりあえずいま自分は働こうとしています。

世の中に「面白い働き方」や「新しい生き方」と呼ばれるものがあることは知っています。数年前に大学に行かなくなってから、私はずっとそういう生き方に憧れていました。新卒一括採用なんて意味が分からなかったし、就活のムードもどうしても馴染めなかったからです。でも、結局はそれもただの憧れだった気もします。どうしていったらいいのか何も分からず、自分のいい加減さになんとも言えない気分になりながら、今でもずっと悩み続けています。まじでおれはこれからどうやって生きてったらいいんだろう。

一時期は私も、大学院で科学哲学を勉強しようと思ったり、地元にシェアハウスを立ち上げようとして失敗したり、徳島の山奥にインターンしに行ったり、留学するならベルギーに行くのが安いらしいと思ったり、しばらく東南アジア辺りを彷徨うのもアリかなと思ったり、ボラバイトをしながら日本全国を転々としようかと思ったり、東京に暮らしながら思想とか哲学の勉強をしようと思ったり、禅宗に出家しようと思ったり、なんでも自分で作っちゃうお爺さんに弟子入りしようと思ったり、ふいに北海道の牧場で働きたいと思ったり、大学に入り直して社会学の勉強をしようかと思ったり、地域おこし協力隊の話を貰ったけど一瞬で反故にしたり、熱海に暮らしながら何かしようかと思ったり、伝手を辿って台湾で暮らそうかと思ったり、そういや高校時代にはヨーロッパの街並みにまじで憧れていたり、もう頭の中で数え切れないほどフラフラしていました(実際はほとんどずっと寝てたんだけど)。

しかし今日、結局のところ私はハローワークに行きました。とりあえず、職員さんに「話してみた感じだとコミュニケーション能力とかは普通に大丈夫そうですね」と言われたことが、まじで嬉しかったです。こんな感じで喋ってても大丈夫なんだなぁ。自分が思っていた以上に社会は近かったのかもしれないし、そこまで怖がる必要もなかったのかもしれません。とはいえ悩みがなくなったわけでもなく、今でも何も結論は出ていませんが、今日はとりあえず借りてきたDVDがまだ5枚も残っているので、それを観てから寝たいと思います。たぶん働きながらでも悩めるでしょう!やいやー、いい一日だった!

《つづく》